推薦者の声 voice

西谷昇二
国際基督教大学人文学科卒業
西谷 昇二
患者との心の絆を作るのが医者である。
つい先日、終末医療に関するドキュメンタリー映画を観た。
主人公小堀陽一郎氏は森鴎外の孫で、東大病院第一外科で 40年勤務後、定年退職して現在終末医
療に関わっている。本人曰く、この仕事が今までで一番やりがいのある仕事であると。
終末医療を受ける患者さんも色々だ。
「死に方」は「生き方」である。ある末期がんの男性は目の不自由な娘さんと 2 人暮らし。
その老人と気軽に会話を交わす小堀医師を気遣って老人が庭の柿を取っていけというシーンがある。
「うちの柿は、本当にうまくて、今年は、とても、出来がいいですから。」
毎年秋に実る庭の柿を通して、死につつある患者と医師との間に心がつながる。

命を守り、命を輝かせるのが医者である。
熊谷守一という絵描きがいる。彼は 97 歳まで生きた。仙人のように。
豊島区の家に住んでいたが、亡くなるまでの 30 年以上にわたってほとんど家から外に出ず、
ときにはカラスを頭に乗せたりして、その命の輝きを絵にした。
「アリは左足の2番目から歩き始める。」
彼の視察眼は唯一無二だ。その彼が最も大切にしていたものが「命」である。

奥平禎は物静かでやさしい男だ。沖縄の宮古島出身のシャイな男である。
だが、心の中にある教育への情熱はとても熱い。
大手予備校で 20 年以上にわたって地道に研鑽を積み、
着実に力をつけ、生徒からの絶大な人気と信望を得てきた。
逆境をもポジティブにとらえて、決して逃げることのなく向き合い、
それを乗り越えることでますますタフでパワフルになった。
そんな彼が、生徒一人ひとりの悩みを真剣に聞いてくれる。
学習や将来への不安に徹底的に寄り添ってくれる。
つまり、一人ひとりの人間のつながりをとても大切にしている。
沖縄出身の奥平禎は『命を繋ぐ』ということをいつも考えている。
命を守り、命を輝かせる医者を育てようとしている。奥平禎は ROCK な男である。
平田彩
兵庫医科大学卒業
平田 彩
受験生だった頃のあの 10 ヶ月間の記憶は今でも鮮明に覚えています。
奥平先生と出会ったのは2浪目を迎える春でした。
あの頃の私はものすごい不安に包まれ、「受験」という重圧に押し潰されそうな
苦難の日々を過ごしていました。そんな精神状態の中、常にモチベーションを維持し続けることは難しく、
時には泣いたり逃げ出したくなることが何度も何度もありました。

不安な日々を過ごし続けていた私に対して、奥平先生はいつも真っ先に気がつき、
その度に熱く励ましの言葉をかけ、時には一緒に涙を流しながら勇気づけてくれました。
先生の何気ない気配りこそ、私にとってそれが精神的にも凄く大きな支えとなり、
そのお陰で自信が漲り、入試本番までモチベーションを維持し続けることが出来ました。
奥平先生の熱い指導がなければ、私は間違いなく入試直前に大きく挫折していたと思います。
勉強のことはもちろん、プライベートの悩みごとも誰よりも親身に相談に乗ってくださったことを
本当に感謝しています。

現在は医師として 10 年目を迎え、主に肺がんと戦う患者さんの治療にあたっています。
奥平先生の指導のように、患者さん一人ひとりと真摯に向き合い、寄り添うことを日々心がけています。
報われないことや辛いことも幾度と経験しますが、私が何事にも前向きに突き進むことができるのは、
奥平先生があの頃いつも仰っていた「信じる心と勇気を忘れずに魂焦がして熱く生きろ!」という
言葉が今も私の中に深く刻み込まれているからです。

受験生活は辛いことも多いですが、
慧修会で貴重な時間を過ごし、将来医師として同じ現場でご活躍されることを心待ちにしています。
木内慧子
岩手医科大学在学中 (白百合学園卒)
木内 慧子
初めて奥平先生と出会ったのは予備校の体験授業のときでした。
自分の予備校の勧誘だけを淡々とするのではなく
色々な予備校を見て自分に合う予備校を選ぶことが大切だと教えてくれました。
見ず知らずの私のことを本当に考えて相談に乗って下さる姿を見て先生のいる予備校に通うことを決めました。
もちろん授業も分かりやすく今まで受けた授業とは違いポイントがより的確だったのも数学が苦手だった私が
入会を決意した大きな決め手の一つでした。
私がこうして医学部に合格したのは先生のおかげだと思っています。
先生には勉強だけでなく精神的にもとても助けられました。
今までの受験の失敗もあり自分のことを信じられなくなった時も誰よりも私のことを信じて励まして下さったり、
些細なメンタルの変化でも気付いて声をかけて下さいました。
奥平先生以上に誰よりも熱く生徒のことを考えてくれる先生はいないと思います。
私は先生に出会えて一緒に熱い思いを持って医学部入試に立ち向かったから合格できたと思っています。
医師になりたいという熱い思いがある方には慧修会をお勧めします。
大倉圭貴
東京大学医学部在学中(新潟高校卒)
大倉 圭貴
大学受験において数学はとても差がつきやすい科目です。
だから慧修会で数学を得意にすることで合格がぐっと近づくと思います。
かく言う私も受験生のとき、奥平先生に数学を徹底的に鍛えていただきました!!
問題へのアプローチから答案の書き方まで丁寧に指導していただき、自分の今までの固定観念を変えてもらいました。
そのことにより、初見の問題でもどんどん解き進めることができ、自信を持って入試に臨むことができました。
大学に入学してから 2 年、奥平先生が予備校を開校することを聞き、是非お手伝いしたいと思いました。
今では会議にも参加させてもらい、奥平先生が集めたプロ講師の皆さんと生徒の合格の為に何が最良なのか等、
日々激論をしています。そこで感じるのは、こんな先生にだから自分はついて行けたんだということです。
これはこの慧修会立ち上げに参加させてもらうから言うわけではありませんが、集まったプロ講師、
スタッフ全員が奥平先生と同じベクトルを向いています。
すべての科目の先生が連携を取り、まとまっている予備校は絶対に強いし、私も自信を持ってサポートします。
慧修会で合格第 1 期生となる皆さんに会えることを楽しみにしています。